人気ブログランキング |
2019年 05月 19日

西丹沢

d0000101_21520940.jpg


てぃも山さんとWさんに西丹沢の渓流に。
前日の夜から駐車場所の近くまで行って飲み会を開催し、気づくと0時を過ぎてしまっていた。
釣り人同士が話し始めると時間が経つのが異常に早い・・・
次の日の4時の沢割りに間に合うように車中泊。

d0000101_21522951.jpg

同県にありながら、実はこの川は一度も行ったことがなかった。
今は水は少ないけれど、水質は驚くほど良く、人気があるのもうなづける。
一匹釣ったら交代ということで、最初に先行させてもらっていると、小さいながらもヤマメが。
側線のオレンジといい、少なめのパーマークといい、姿形が良い一尾だ。


d0000101_21545938.jpg

ちなみに使っていたのは試作の40mm。
フック同士が絡まないようにフロントのアイの位置を前気味にしてみたけれど、意外にもラインに絡む。
フロントフックはいらないな。

d0000101_21581381.jpg

先行を交代してすぐにWさんにもヒット。
この川に来たのは久しぶりだという事だけど、さすがは地元河川というだけあって、川の状況をよく知っている。


d0000101_22305933.jpg

しばらく進むと魚の反応が見られなくなってきた。
日曜だし、前日に相当叩かれている様子だ。
こういう時はいきなりボトムを攻めたり、竿抜けを狙うのだけど、それでも魚が出てこない。

d0000101_22313496.jpg

それでもなんとか3人とも魚の姿を見れて一安心。

一定区間まで釣り上がって、林道を伝って入渓点まで戻ることに。
途中、てぃも山さんが持ってきていたドローンで動画を撮影したりして、山の釣りを存分に堪能したのだった。

d0000101_22314773.jpg
車が納車されたら、夏はこの川に通いそうだ・・・。
一人でのんびり釣り上るのも良いけど、またこのメンバーで行くのが楽しみだな〜


Tackle
Rod:TRD-411FS-4
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター5lbs.
Lure:HRC 4028



by pioneerfield | 2019-05-19 23:31 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/27610644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぷら at 2019-05-23 00:03 x
西丹沢での釣行お疲れ様でした。
釣り仲間同士で話も盛り上がり楽しそうです(^^)
一昨日の大雨で丹沢周辺も良い状況になると良いですね(^^ゞ
Commented by kou at 2019-05-23 06:51 x
水少ないですね💦
厳しい事が一目で分かります😅
ドローン撮影観ましたよ~、迫力ある空撮でしたね👍
それから40プロト、こういう渋い釣りにはいいですね✨
私も40くらい小さめになると、ワンフックで良いと思います👍😉
Commented by pioneerfield at 2019-05-23 21:58
ぷらさん、こんばんは!
魚の出方はシビアでしたが、釣友との釣りを楽しむことが第一目標だったので今年一番思い出に残る釣行になりました。
まさに今がちょうど良いタイミングかもしれませんね。
今週末は釣り人が多そうです。
Commented by pioneerfield at 2019-05-23 22:02
kouさん、こんばんは!
今年はどこの川もこんな状況かもしれませんね。
釣友が撮影してくれたドローン動画は良過ぎでした。
まるで釣り番組です。
40プロトはテールフックのみでいくと思います。ワンフックはワンフックなりのメリットがありますし。
Commented by 右脳派釣師 at 2019-05-24 22:33 x
西丹沢の清き流れ…良いですね〜
空撮とか釣り百景みたいです!!!

今年まだ一度も世附に行ってないのに気が付きました!
pioneerfieldさんのキャスト精度なら
支流でかなり釣れると思いますよ!
ただ3人パーティーなら自分も同じ区間を選びます
自分の世附マグネットは壊れてしまった蝦夷が付いてますので
見かけたらよろしくお願いします
Commented by pioneerfield at 2019-05-25 15:39
> 右脳派釣師さん
空撮動画はまさに釣り番組みたいでした!新緑の一番良い季節ですし。
今回は3人での釣り上がりを楽しみましたが、単独でさらに支流に入るのも楽しそうですね。
右脳派さんのマイマグネット、通っていくうちにいつか見かけそうですので、その時はまた一緒に釣りましょう!


<< 高水位の恩恵      電車釣行記 >>