人気ブログランキング |
2019年 05月 25日

高水位の恩恵

月曜、火曜に降った雨は渇水の川の水位を上げた。
久しぶりのまとまった雨だったので、数日かけて徐々に水位が落ちていくはずで、週末は絶好のコンディションに違いない。
今回は前回の電車釣行の際に降りた駅の一つ手前の駅で降りて、まだ未踏の下流を探ってみる予定だ。

釣り上がってからすぐに川通しで進めない深い淵に差し掛かり、一旦川から上がって入り直す。
淵の上流は瀬が続いていて、増水のせいかヤマメが付きそうな流れが見える。
その一筋にミノーを何度も通していると、不意にミノーがひったくられた。


d0000101_20011432.jpg

9寸ぐらいだが、体高がある形の良いヤマメ。
これでひとまず安心。電車釣行では大きな移動ができないため、入る場所をミスるとノーフィッシュの可能性が往々にしてあるので、1尾釣ることが重要なのだ。

しばらく進んでいくと、小型のニジマスの反応はあるのだがヤマメの反応は全く無くなってしまった。
川岸には真新しい釣り人の足跡が付けられている。おそらく今朝か、昨日入ったような様子だ。
ここから先は厳しいかもしれないが、退渓もできそうにないので竿抜けになりそうな場所を丁寧に探ってみることにする。

一見良さそうな淵や瀬からも魚のチェイスは見られない。
元々、魚の数はそんなに多くはない川で、要所要所に良型が付いていそうだが、まだよく読めない部分が多い。
カーブを曲がると直線の瀬が続いているが、その途中に水面を木の枝が覆っている場所があった。
ちょうど瀬尻に差し掛かるところだが、オーバーハングの下が竿抜けになりそうなので5gのミノーをキャストすると、着水と同時にバイト。
フッキングには至らなかったけれど、まだ追ってくる可能性があるので立ち位置を変えて再びシェードに何投かすると、さっきのと思われる魚が再び口を使った。
良型なので慎重にやりとりしながら無事ランディング成功。


d0000101_20014049.jpg

d0000101_20020194.jpg

良い型のヤマメだ。
高水位のおかげで魚の活性が高かったからか、最初のバイトを逃しても数投後に口を使ったのが幸運だった。


d0000101_20021302.jpg


d0000101_20023050.jpg
サイズは32センチ。
先々週に釣ったサイズには及ばないが、やはり尺ヤマメは嬉しい。
今日はこれでもう満足だな。

d0000101_20024281.jpg

釣れた場所はこんな様子。
朝一には上の流速のある瀬に入っていたのかもしれないが、陽が強く照りつけるようになってオーバーハング下のシェードに移動していたのかもしれない。

正午を回っていて気温も高くなってきたので一旦休憩。
さらに川通しで進むと途中に大淵があるが、巻いてさらに進むと先々週の入渓点に差し掛かるので、そこで川から上がることにした。

前回来た時は大淵の水は澱んでいたが、今回はクリアな水で満たされている。
淵への流れ込みの直下にミノーをキャストすると魚の反応は無かったが、少し下に岩が沈んでいるので今度はその周りにミノーを沈めてみる。
すると、カウントダウンの途中でミノーがひったくられる感覚があった。
またしても最初の一撃ではフッキングせず。魚は淵の底へ移動していったようなので、ミノーを沈めてトゥイッチを掛けると勢いよくミノーを追ってきた。
しかしながら、あと一歩のところで口を使わない。再び淵の底へ戻って行ってしまったので、ここで大淵攻略用の7gにミノーをチェンジし、細かい連続トゥイッチで粘り強く誘ってみることにした。
次第に魚のチェイスは見られなくなったが、レンジとコースさえ合えば再び追ってきそうなのでキャストし続ける。
10数投ぐらいしたとき、ミノーの後ろを追ってくる銀色の魚体が見え、食らいついてきた。
少し強めの追い合わせを入れて、ローリングする魚をいなしながらランディングネットで掬った。


d0000101_20031043.jpg

これもさっきと同様に良いヤマメだ。
淵に居たからか、先程の魚よりも黄色っぽい魚体だ。


d0000101_20032046.jpg

サイズもさっきと同じく32センチ。
胸鰭の黄色も綺麗だ。


d0000101_20033004.jpg

まさか1日に2尾も尺ヤマメを手にできると思ってもいなかったので、まさに高水位の恩恵だ。
この状況じゃなかったらこの区間は一匹も釣れずに終わっていたかもな。

ちなみにてぃも山さんに釣果報告をすると、同じ区間にWさんと昨日入ったばかりということで、あの足跡は二人のものと判明(笑)
しかし昨日はまだ水位が高かったようで良型の反応は無かったとのことだったので、今日のベストな水位のときに入れたのが幸運だったのかもしれない。


d0000101_20034099.jpg

夏のような気温で暑かったけれど、今回も熱い釣りができた!
まだまだ踏破できていない場所も多いので、引き続きヤマメを追っていこう。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510PUL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター6lbs.
Lure:YM-1 5042、YM-1 5050、YM-2 5070


by pioneerfield | 2019-05-25 23:00 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/27618202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kou at 2019-05-27 12:02 x
絶好調ですね✨
尺ヤマメ2尾なんて凄いですね👌
盛期の魚体だし、引きも良さそうですね👍
前日に反応が無いというのは、タイミングって本当に大事だと言うことを教えてくれますね❗
素晴らしい誕プレになりましたね👏
Commented by pioneerfield at 2019-05-27 18:39
> kouさん
奇跡的に2尾も尺ヤマメを釣ってしまいました!
いつもは1度バイトしたら2回3回とは追ってこないんですが、今回は状況の良さに助けられての釣果だと思います。
川から誕プレもらったのは初めてです(笑)
Commented by Salmon at 2019-05-27 22:28 x
こんにちわ!
2匹ともプリプリですね!
体高もあり、ヒレもでかくて良い魚ですね♪
タイミングを見極めるのも実力ですね♪
目の保養になります(笑)
Commented by 右脳派釣師 at 2019-05-28 07:32 x
10数投した後にヒットさせるなんて凄い!
尺2本に九寸なんて夢のようですよ!
魚体も美しく最高の1日でしたね!
おめでとうございます!
Commented by pioneerfield at 2019-05-28 21:16
> Salmonさん
二匹とも本流の魚ですが、それほど銀化してなくて良い色でした!
土曜日にベストな水位になることなんて年に何回も無いので本当にラッキーだったとしかいうしかありません。
リリースする前に結構長い時間眺めてました(笑)
Commented by pioneerfield at 2019-05-28 21:21
> 右脳派釣師さん
2尾目の尺ヤマメは結構粘りました!
いつもは魚が鉤に触れたらあまり粘らないんですが、今回はまた食いそうな追い方をしていたので、ひたすらボトム付近でトゥイッチしてました。
最初の9寸も2匹の尺ヤマメも、どれもみんな素晴らしい魚体で癒されました!


<< 高活性の釣り      西丹沢 >>