人気ブログランキング |
2019年 06月 01日

高活性の釣り

6月1日は鮎の解禁日。
電車にも鮎竿を持った釣り人が何人か乗り合わせていた。
鮎の名川だけあって、本流の中流域は鮎釣師で賑わっているだろうけれど、今日入るのは上流。
鮎の釣り人とはバッティングしない流域だ。

入渓点から少し上に続いている瀬で小型のヤマメがヒット。
サイズは15センチぐらいだが、チェイスが多い。
それ以下のヤマメも数多く追ってくるので、この区間は魚が育っている。
春先に来た時にチェイスが少なかったのが嘘のようだ。


d0000101_16590577.jpg

真新しい釣り人の足跡があったけれど、チェイスはまだ多い。
しばらく進むと上流から足跡の主と思われる釣り人が下ってきた。話を聞いてみるとやはり小型のヤマメばかりだったとのこと。


d0000101_16592377.jpg

釣り上がっていけば良型のチェイスもあるだろうと考えていたけれど、ひたすらこのサイズ。
しかもフロントフックに掛かる最盛期の食い方。
既に一度釣り人が入っているにも関わらずこの追い方をするのだから相当活性が高いのだろう。

10匹以上は釣ってさらに上流に進んで行ったのだが、堰堤を越えると魚の反応はサッパリ無くなってしまった。
なぜさっきの区間だけあれだけ魚が居たのかが謎だ。


d0000101_16593297.jpg


結局、その後は魚のチェイスもなく、切りの良いところで退渓。
良型は出なかったけれど、魚が少ないと思っていたこの川の魚影の濃さに安心した。
15センチ以下の魚が多いようだったけれど、秋までにさらに育って楽しませてもらいたいものだ。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510PUL
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター6lbs.
Lure:YM-1 5042、5045、5050、蝦夷スプーン4g


by pioneerfield | 2019-06-01 23:57 | travel sketch | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/27628072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by h2 at 2019-06-03 19:11 x
お久しぶりです

綺麗で可愛いヤマメですね!
川は違えど私達の入った川もとっても高活性、数釣りを楽しめました。
なにか関係があるのかなぁ~



Commented by pioneerfield at 2019-06-03 21:35
> h2さん
ご無沙汰しています。
タイミング的に何かあるのかもしれないですね。とは言え、数釣れる時は今までどこに居たんだってくらい出てきますよね。
楽しめました。
Commented by kou at 2019-06-04 18:37 x
小さいけど魚影が濃いと、先が楽しみになりますね👍😉
鮎の名川なら、鮎を飽食してかなり大きくなるかも知れませんね✨
Commented by pioneerfield at 2019-06-04 21:11
> kouさん
いつも魚影が薄い場所なので、これだけ多くのヤマメが生息しているのに驚きと嬉しさがありました。
鮎の名川と言っても今回入ったところは不思議と鮎が居ないので巨大化はしないかもしれないです。ただ、秋口が楽しみです✨


<< 短時間釣行      高水位の恩恵 >>