2006年 03月 11日

ハイプレッシャーリバー

d0000101_251858.jpg
今回の釣りはこれまでの釣行の中で最も苦戦した一日だった。結論から言えば、15センチほどの子ヤマメを2匹キャッチしただけで終わってしまった。しかし、今日の釣りで得ることができた情報は大きい。きっと今後の釣りにつながるものであろう。

午前中。朝に支流の葛野川に入るも魚の気配を感じることができなかったために、そこから更に支流に移動。この支流は、上流に管理釣り場を持っており、昨年、この管理釣り場を訪れた時に川の状態をチェックしていた場所である。しかし、土曜日とあって、どの入渓地点付近にも釣り人と思われる車が停まっており、実際に川に入って釣りをはじめても、良い渓相とは裏腹に魚が出ない。水深のあるトロ場にさしかかった時、ようやくヤマメがチェイスしてきた。この魚はどうやらやる気がありそうで、何度も追って来た。そしてついにフックアップに至ったのだが、ランディングの前に敢え無くフックが外れてしまった。

結局、この川の先行者の多さに閉口してしまい、見きりをつけて、再度葛野川の下流に移動することにした。ところが、ここでも釣果はおろか、魚の姿さえも見ることはできなかった。同行していたI君がようやく20センチ弱のヤマメをキャッチすることができたので、ひとまず二人してあぶれることはなくなったのだが、厳しい展開である。

午後2時、夕方に前回のポイントに入るまでに時間があるので、下流に下ってポイントを探すことにした。大月市街周辺はとにかく釣り人が多すぎる。本来、人のいない場所を探して、プレッシャーの掛かっていない魚を釣っていくことが多いので、入渓が困難になる下流部を探るのが得策と考えたからだ。

d0000101_261195.jpgとにかく、橋の周辺から入渓ポイントをくまなく探してみると、以前自転車で回った時に訪れた橋に入渓ポイントを発見。ほとんど崖を下るような入渓のしかただが、なんとか下っていくと、本流に小さな沢が流れ込んでいた。

その沢のほんの僅かな落ち込みにミノーをキャストすると、すぐに反応が出た。15センチほどの小さなヤマメだが、おそらく去年から残っていたであろう綺麗な魚だった。

さて、本流に出ると、良い感じの瀬続きの場所を発見。すぐさまダウンで流していく。なるべくリトリーブを遅めにし、トゥイッチしていくと、早速ヤマメのチェイスが見られた。しかしこの魚はフックアップせず。さらに2度ほどヤマメのチェイスが見られたが、フッキングにまでは至らない。結局本流ではヒットに結びつかなかったが、季節が変わればきっと良型がつきそうな場所である。こういった場所を何ヵ所か探しておく必要があるだろう。

帰りがけに先ほどの沢でさらに一匹のヤマメを追加することができた。サイズはさっきと同様小さいが貴重な一尾だ。

夕方には前回ヒットがあったポイントに入ったが、ここでもバイトだけで終わってしまった。
今回は大苦戦だったが、次へとつながる情報を得ることができた。
今年も本流の尺サイズを照準に据えたいと考えているので、
これを起点に今後、結果を出せるとよいのだが・・・。


Tackle
(本流)
Rod:サーフェイストゥイッチャーボロンSTS-68Si
Reel:イグジスト2506
Line:カスケット トラウトプラッギン4lb
Lure:Dダイレクト50, バフェットS55,ツインクルTWS45
(支流)
Rod:ストリームトゥイッチャーボロンTS‐56UL
Reel:セルテート2004(RCS)
Line:カスケット トラウトプラッギン4lb
Lure:バフェットSD43

by pioneerfield | 2006-03-11 23:59 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/2813669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2006投入タックルインプレッション      早春、残雪の川 >>