2006年 03月 21日

half day travel

d0000101_2002331.jpg
今回は半日だけの釣行。川も一本だけと決めた。ニジマスの釣果が良かった川である。前回は夕方の時間に攻めていたので、途中で暗くなって川から上がり、中途半端な攻め方だったのだ。今回は上流から下っていきながら、前回攻められなかったエリアを釣っていくことにした。

しかし、ニジマス達はどうも前回のような食い方をしてこない。午前中で川に日が差しているからなのか?そういえばこの間は夕方だった上に、小雨がパラつくような天候だった。いくら魚影が濃い川といえども、コンディションが悪ければ食ってこない。そうこうしているうちに、前回上がったポイントまで辿りついてしまった。バラシはあるものの、キャッチは無しという状態だ。

「この先も厳しいかもな・・。」そう考えながらちょっとした深みにルアーを流していると、白泡の中からレインボーがアタックしてくるのが見えた。しかしフッキングに至らず。再度同じレーンを流すと、今度は途中ではっきりと見えていたはずのバフェットのオレンジバックが消えた。バイトだ。足下のブッシュに絡まれそうになるのをかわしつつ、ようやくランディング。35センチほどだが、綺麗なニジマスだ。

d0000101_2004581.jpgようやくキャッチし、更に下っていくも、やはり渋い。途中でブラウンを一匹追加したまま、昨年入ったエリアへと足を踏み入れた。このエリアには細い支流が流れ込んでいるが、昨年はこの支流でも結構釣れた。今年の状況を知る意味でもチェックしてみることにした。

上がっていくと、早速ニジマスの姿が見えた。やはり数は結構いるようだ。そうしているうちに、30cmほどのサイズがヒット。それほどの大きさではないが、瞬発力のある引きが特徴的だ。
ランディングしてみると、やはりワイルドと思われる魚体だ。

ここで攻め方を変えてみる。上流から入ってダウンで流していこうというわけだ。上流にはほとんど水がなかったが、下っていくと次第に流れが出てきた。ちょっとした堰堤に辿りついたとき、堰堤下の深みに多数のニジマスが定位しているのが見えた。

早速フローティングミノーで攻めていくが、レンジが浅過ぎて、魚の目の前にルアーを持っていけない。そこで、最近妙に活躍しているDダイレクトのボトム付近でのショートジャークに切りかえると、一発でヒットに持ちこむことができた。やや小ぶりながらも幅広の一匹だった。

数匹ヒットさせ、この支流を下っていったところで、11時となったので終了。少し物足りなさもある釣りだったが、一日じっくりと釣りをするのとは違って短時間だったが、それが故にいつもよりも余裕のある感覚で釣りができたのではないか思う。天気も良かったので気持ちの良い半日を過ごせた。


Tackle
Rod:ストリームトゥイッチャーボロン TS-56UL
Reel:カーディナル3, セルテート2004(RCS)
Line:カスケットトラウトプラッギン4lbs, GT-Rトラウトエディション5lbs
Lure:バフェットS43, Dダイレクト50, シュガーミノー50F

by pioneerfield | 2006-03-21 19:45 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/2857976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< テクニカルゲーム      Wildness in the... >>