2006年 05月 05日

緑の中へ

d0000101_1694077.jpg群馬県利根川で貴重なヤマメを手にした後、日暮れから再び関越自動車道に乗り、関越トンネルを抜けて六日町へ行ってみた。高速から見た魚野川は冬のスキーの時期に見るそれとは異なり、雪代で急流となっていた。

竿を出さずに様子を見に来ただけなので、すぐに群馬へ戻ってから夕食にする。次の日は以前からIと一緒に釣行する予定だったので、急ではあるが連絡を取り、急遽伊豆の河津川へ行くことに決定した。

そういうことで、一旦横須賀に戻ってI君を拾ってから伊豆へと走り出した。伊豆へはアオリイカを釣りによく行ったものだが、海沿いを走ると空気が湿っていて、今からトラウトを釣りに行くような感じではない。ところが、河津川に沿って道を登っていくと、雰囲気の良い渓相があった。

早速I君のお勧めのポイントに入る。二手に分かれて攻めていくと、早速チェイスがあった。この川は行けそうだと思ったが、その後はチェイスすら見られない。I君と合流し、上流へと向かった。

上流は川幅は狭いものの、魚のチェイスは見られる。そこでようやくヒット。小さいが綺麗なヤマメだ。しかしその後はチェイスが見られなくなっていった。

緑に覆われた渓流を上がっていく。この季節の釣りは気持ちがいい。これでもっと魚が釣れてくれれば文句はないのだが・・・・。まあこういうこともあるのが釣りの楽しいところだとI君と話していた。すべての川がいつも釣れるわけではない。それでも、自分には、こうして休日には緑の中へ入っていくのが必要なのだと思ってしまった。

今回は余裕を持って早めに上がった。次に来るときは綺麗なアマゴを釣りたいと思う。


Tackle

Rod:ストリームトゥイッチャーボロンTS-56UL
Reei:イグジスト2004
Line:GT-Rトラウトエディション4lbs
Lure:バフェットSD43

by pioneerfield | 2006-05-05 23:39 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/3088598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 岩魚が動く雨      New Adventure >>