2005年 04月 28日

新天地を切り開くこと

 前回掴んだちょっとした糸口から、ようやく本流を照準に入れた上で一日を効率的に行動するための計画を立てるに至った。時間帯によって口を使ったり使わなかったりする魚を手中に収めるには「いつ、どこへ入るか?」といった問題に取り組まなければならないが、こういった計画を立てたゲーム展開をしていくことこそ釣りの面白みの大部分を占めるのではないかと思う。
 ということで今回は朝一から前回釣果を上げた本流ポイントに入ることにした。夕方釣れて朝に釣れないことはないはず。攻め始めるとすぐに反応があったが一匹目をランディングしてみるとレインボー。さらに下流に進んでみると良さそうな流れがあり、ロングキャストしてダウンクロスで流すとヒット!慎重にランディングまで持ち込むと、前回と同じような幅広のヤマメだった。例によって尺はあるかのような迫力だったが、計測すると27.5センチ。まずまずのサイズだった。d0000101_2162763.jpg
 ここで一旦支流Bに移動し、釣り上がって行くが、どうも水量が少なく、小型を数本キャッチしたのみで再び本流へ移動し、新ポイントを開拓しながら25センチほどのヤマメを二本追加した。と、ここで正午を迎えたのでウェーダーを脱いでマウンテンバイクで細かい入渓点を探すことに。しかし思ったより入渓点が見つからない上、山中で道を見失ったりと、散々の結果で車に戻り、しばし休憩。夕方に備える。
 そろそろ陽が陰る時間帯になり、先ほどの捜索で発見したポイントに入ってみると、そのポイントは既にシェードとなっていた。流れの感じも良さそうなので早速ダウンクロスで流しながら下っていくと、小型ながらもヤマメが連発!ある程度まで下ったところで反応がなくなり、そこで終了となった。
 まだまだ自分の持っているポイントの手数が少ないが、こうした捜索の繰り返しがいずれ好釣果に繋がるかもしれない。

Tackle
Rod:ストリームトゥイッチャーボロンTS-62UL
Reel:セルテート2004
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:バフェットS55

by pioneerfield | 2005-04-28 23:59 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/351793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 荒瀬攻略      本流照準 >>