2006年 07月 29日

ST without rods Vol.2

昔、修学旅行のときに見た鴨川べりの納涼床は何とも涼しげで、中学生の分際で風情などというものが分かっていたのだかどうだか分からないが、とにかく印象的だったことは確かだ。

そう、夏の京都といえば鴨川沿いだ。前回来た時は真冬の雪がちらつく頃だったが、今回は気温が余裕で30度を超える真夏だ。何もこんな時に京都に出張しに行くことはないと思うが、まるで狙ったかのように金曜日に出発だったので、ここは何も言わずに京の休日を満喫しようではないか。

さて、桂川の西にそびえる巨大な敷地と建造物群で仕事を終えた後は祇園で夕食。しかも京料理ではなく中華料理だったが、異様に美味い。その後は伝統的建造物保存地区をさまよい、上機嫌で宿へ向かった。明日は一人で社寺参詣である。

d0000101_23392453.jpg
朝から京都は暑い。ひとまず街中にはいられそうにないので朝一のバスに乗り、大原へ。一時間ちょいの旅路だが、鴨川支流の里川風景が和ませてくれる。いかにもアマゴが出てきそうな川がバス通りの目下に続いている。

大原に着くと、市街よりも気温が低く、涼しげだ。目的の寺院の参観時間には少し時間があるので沢沿いを歩き、音無しの滝へ。普段イワナ釣りで見慣れているような景色だが、そこは京都。こういう滝の傍には紅葉があるのは流石だ。秋になればさぞかし趣のある風景になるだろう。

さて、次に向かったのは早くも今回のハイライト、「宝泉院」である。鴨居と柱を額に見立てて室内から庭の緑を眺める「額縁庭園」。朝の早い時間に行ったためか、他の参観客も少なく、大原の里に吹く涼しげな風が額縁から部屋に入ってきて、永遠にここに居たい気分にさせられた。たまにはこういう場所で何も考えずに1時間ぐらいずっと座っているぐらいの余裕を持つことを思い出した。

昔の人も、なかなかやるものだ。

d0000101_23443727.jpg三千院、そして前回行きそびれた大徳寺を回る頃には正午もとっくに過ぎていた。社寺参観の最後は岩倉の実相院である。なんか大徳寺以外は山間の寺院を巡っている気がするが、そこはやはり夏ですから。涼しい場所が絶対にいい。特にこの実相院に着く頃には辺りの森でヒグラシが鳴き始め、何ともいえない雰囲気に包まれた。ここの見せ場は「床みどり」。鏡のように磨き上げられた床に庭の紅葉の緑が映り、緑の床が現れるのだ。

ちなみに視力の悪い自分は眼鏡を外して眺めてみたが、はっきりと見えていない床の緑の方がむしろすばらしく見えた。視力が悪くて得をしたのはこれが初めてだ。

夜は例によって先斗町へ出向いた。納涼床のある店は高そうな上に混み合っていたが、何とか半分川べりに出ている店に入って夕食。こうして夏の京都の短い旅は終焉を迎えた。

さて、次回は紅葉の時期を狙って行きたいと思うのだが、まあ意外に新横浜から新幹線で2時間とは近いことが分かった。いつも川に行くよりも時間がかかっていないのは驚きだ。今回もロッドを持たない旅だったが、次回あたりは持っていってもいいかもしれない。使うかどうかは置いておいて。

by pioneerfield | 2006-07-29 22:44 | travel sketch | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/3527152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京都ホテル、駅近くでご紹介 at 2006-11-04 16:28
タイトル : 京都ホテル ビジネスホテル 予約
Google Mapで京都の駅近くのホテルをご紹介しました!!... more
Commented by aki at 2007-01-10 00:07 x
京都は現代のタイムマシーン。20年前と同じ顔で私に微笑みかける。


<< 夏の鱒釣2006      夕闇 >>