2005年 03月 22日

再始動 IntroductionⅡ

 都留地区解禁後初の釣行となる今回は、昨年開拓したポイントのレビューということで、都留地区の支流及び富士吉田市内の本流を中心に攻めてみた。今回は同行者としてAngler Days主宰のI君が加わり、さらにSTネット納品のため現地でW師と落ち合うというゲスト多彩な釣行となった。
 さて、今回の都留地区で一番最初に訪れたのは昨年、禁漁間近にスーパーヤマメをヒットさせた支流Aであった。水温を計ると支流だけあって6℃と若干低めだが、そのような不安と裏腹にヤマメのチェイス多数!!サイズは小さいものの、チェイスが目視できるのがこの釣りの魅力だ。数匹キャッチしてさらに釣り進もうと思うのだが、支流Aはどうやら河岸工事が行われ、昨年と渓相がまるっきり違うというありさま。仕方なく上流域に上ることになった。
 上流域の堰堤周りではヤマメではなくアマゴとレインボーがヒット。d0000101_23522949.jpgここからI君と二手に分かれて釣ることにした。しかし昨年あれだけ釣れたイワナが不思議と全然ヒットしない。イワナを一匹追加したのみで富士吉田市内の桂川本流に移動し、釣り始めると間もなくW師から連絡が。ネットを渡しに行くと今日は既にレインボーを多数キャッチと?!うーむ、さすが師だ。ちなみにネットはご期待に添えたようで良かったであります。
 本流に戻ると釣りを継続していたI君が尺イワナをキープしていた。昨年同様、このエリアはイワナが多いらしい。小堰堤の落ち込みを中心に狙うのだが、ここで痛恨のバラし4連発で終了。時間も時間なので再度支流Aに入り、夕マズメを釣ることになった。相変わらずこの支流は小型のヤマメの宝庫だ。25cmを超えるヤマメはヒットせず、小型のヤマメ数匹とレインボーを釣り、夕闇が近づいた頃にキャッチしたブルックが最後となった。
 いまいちパッとしない釣果だったが、半年前の記憶を元に巡る釣りを楽しめたということでイントロダクション色濃い釣行だったと思う。次回は積極的に本流開拓を行ってゆく予定だが、予定は未定である。

Tackle
Rod:ストリームトゥイッチャーボロン TS-62UL, スーパースティンガーボロン SSS-60Si
Reel:セルテート2004
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:バフェット43S,43SD,ツインクル45SD

by pioneerfield | 2005-03-22 23:25 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/43649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< トラウトカスタム      実戦投入ミノーインプレッション >>