2005年 03月 31日

奔走序曲

d0000101_958372.jpg 前回の予告通り、今回は本流開拓を中心に行う予定だったが、その前に某支流でレインボー爆釣との情報を掴んだので午前中に試しに攻めてみることにした。
 さて、やってきた支流Mだが、一見しただけではとてもレインボーが爆釣しそうな川には見えない。ところがこの河川、おそらくレインボーが自然繁殖している場所なのだ。都留漁協は基本的に成魚放流を行っているとのことなので、15センチ程度の稚魚がやたらに多い河川では自然繁殖していると思って間違いないだろう。ちなみに25センチぐらいのレインボーでもパーマークがくっきりと残っている個体も多く、一瞬ヤマメと間違えてしまうぐらいだ。入れ食いとまではいかないが、そこそこ釣りながら下っていくと、ちょっとした淵に遭遇。ディープダイバーで底付近を攻めてみると50センチはあろうスーパーレインボーがヒット!が、コントロールできずにゴミに巻かれて敢え無くバレてしまった。そうこうしているうちに日も高くなってきたので予定通り本流開拓を実行することにした。
d0000101_1046316.jpg 以前から小移動用に自転車の使用を考えていたのだが、今回、本流開拓を実行するにあたって、車にマウンテンバイクを積んでいった。確かにその機動力は大きく、車が入っていけないような細道にガンガン入って行けるので意外に使えることが判明したので、今回は自転車で小移動しながら都留~大月の本流で入れる場所を探していった。しかし今日の本流は魚はいるが虫にライズを繰り返しており、ミノーは全くと言っていいほど追って来ず、苦戦を強いられる。20センチほどのヤマメを釣ったのみで終了となったのだが、ここでトラブル発生!前輪のチューブが破裂し、走行不能となってしまったのだ。仕方なく後で車で回収できそうな場所に駐輪し、歩いて車まで戻ることにした。しかし自転車だと直ぐの距離なのだが歩くとなると相当な時間がかかる。機動力の高さに注目して持ってきたのだが、まさか自分の足で自転車の機動力の高さを知ることになるとは思わなんだ。
 ようやく車に戻ってすぐに回収しに行こうとしたが、日も暮れかかっていたのでひとまず再度支流Mに移動。サイズは出なかったものの、そこそこの数を釣って終了となった。今回はとにかく歩き疲れた釣行だったが、もちろん帰りには温泉に入ってきた。

Tackle
Rod:ストリームトゥイッチャーボロンTS-62UL, スーパースティンガーボロンSSS-60-Si
Reel:セルテート2004
Line:リバージR-18NL 4lbs
Lure:バフェットS43, S55, ツインクルTWF45, TWSD45, TWSD60

by pioneerfield | 2005-03-31 23:56 | travel sketch | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://streamtrav.exblog.jp/tb/97822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 支流探訪      トラウトカスタム >>