<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 22日

猛暑の釣り

今日も猛暑が続くようだ。

朝一に入ったポイントで25センチ程度のアマゴを手にしたものの、撮影前に逃走・・・
ボサが濃い区間の割に渇水気味だったので、早々に違う川を探しに行く事にした。


d0000101_22170498.jpg

随分と上流まで走ったな〜、と思っていたら、釣れる魚はイワナばかりに。
本当はアマゴが釣りたいのだが、しばしヘビーシンキングミノーで戯れる事に。

積極的に追ってくる個体も多いけれど、どうもあと一歩で食わせきれない。


d0000101_22171390.jpg

渓相は素晴らしく良いんだけどな。
シェードが無さ過ぎて水温も高いようだ。

また別の川を見に行ったけれど、ここも水温が高過ぎた。
アマゴは居るには居るようだけど、まさに一里一尾の夏アマゴ状態。
結局チェイス1回と1バラシで終わってしまった。

これでもまだ7月だもんな〜
早く涼しくならないものか・・・




by pioneerfield | 2018-07-22 23:13 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2018年 07月 14日

避暑

まだ7月なのに連日の猛暑。
こんなときは標高のある川への釣りが一番。


d0000101_07362419.jpg

朝は少し下流の葦が濃い区間で。
水はまだ高くて遡行が大変だが、魚は居る。


d0000101_07370421.jpg

この川に特徴的な茶色が濃いアマゴも。
アベレージは相変わらず7寸強といったところ。


d0000101_07371266.jpg

陽が上り始めると気温は急に高くなってくる。もっと上流の森に囲まれた川へ行こう。


d0000101_07371845.jpg

暑さから逃れて、こういう木漏れ日が射す川で釣りをするのがこの時期の楽しみの一つ。
上流もまだ少し水位が高いからか、イワナも無邪気な反応だった。


d0000101_07372698.jpg

グラスロッドとナイロンラインでのんびりと楽しんだ。

夕方は下流に下りてアマゴ釣り。
数匹と遊んでもらった。
暑いときはこういう釣りに限るね。


Tackle
Rod:TRD-411FS-4
Reel:カーディナル3
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-1 50S、YM-1 50Hv2、YM-2 50XH


by pioneerfield | 2018-07-14 23:35 | travel sketch | Trackback | Comments(6)
2018年 07月 07日

渓流域の雄

朝一に入った場所で掛けたヤマメはデカかった。
そうそう出会えるような魚ではなかった。
サイズは40センチ近いかそれ以上だったし、引きも今まで釣ってきたどのヤマメよりも強力だった。

2日間の釣り旅。当初は別の川へ行く予定だったけれど、前日の出発前にkouさんから連絡があり、
kouさんのホームリバーの状況が良さそうだったので急遽1日目の行き先を変えたのだ。

kouさんの川の状況を読む力にはいつも脱帽する。この日も目的の川へ着いてみるとドンピシャの水位と濁りの入り方だった。
そして太い流れの底波に7gの自作ミノーを絡ませてトゥイッチを入れていたら、冒頭のヤマメが食ったのだ。
2回の突っ込みを耐えて、これは獲れると確信したところでフックが外れた。
千載一遇のチャンスを取り逃がしてしまったことに項垂れた。


本流の大きな流れではなく、できれば渓流域で良型のヤマメを釣りたい。
そう思っていても、なかなかそのようなヤマメは出てくれない。
毎年、尺の壁を越えるのが精一杯で、今年はまだその壁に3ミリ届いていない。
しかも朝一のようなことをやらかしてしまうので、登り掛けた壁からただ滑り落ちるのみだ。

バラしてしまった魚を惜しみながらも上流に移動し、別の区間へ入る。
崖の上から見ると、ここもハマっている水の色だ。
kouさんが先行し、アップストリームで何度かミノーを通す。
その様子を上から眺めていた僕には、良型の魚がチェイスしてミノーを咥えるまでがはっきりと見えた。


d0000101_22090358.jpg

いいイワナだ。ネットの枠からはみ出ているところを見ると余裕で尺オーバー。
測ってみると34センチ。入っていきなりこんな魚が出るのだから、この先も期待できそうだ。

kouさんが釣ったすぐ下のポイントも水深があるブッツケになっている。
前回訪れた時には何の反応も得られなかったけれど、なんとなく気になって、ダウンでミノーを流してみる。
しかし、水深があり流れも強いので一枚下のレンジまでミノーを送り込めない。
一旦下流側に回り込んで、アップストリームで流心にミノーを落とす。使うのは深場攻略用に作った7gだ。

トゥイッチを入れながら大岩の上をかすめるように流したとき、水中で銀色の魚体が翻った。
慎重にやり取りをしながら魚を寄せてくる。色の感じからするとニジマスのようだ。
しかし手前まで寄せてランディングネットに滑り込ませる直前、それがニジマスではないことが分かった。


d0000101_22092486.jpg

パーマークは薄く残るぐらいだが、紛れもなくヤマメだ。


d0000101_22093847.jpg

渓流域でこれほどのヤマメと出会ったのは初めて。
居着きのヤマメという訳ではなさそうだ。
下流に大きなプールがあるがそこから遡上して来たのか、もしくはさらに下流から堰堤の魚道を通って遡ってきた魚なのかは分からない。


d0000101_22095023.jpg

38センチというサイズもさることながら、雄ヤマメの表情と魚体の美しさが印象的だった。


d0000101_22101972.jpg

自分一人の力ではこの魚には辿り着けなかったな。
出発直前に行き先変更の提案をしてくれたkouさんには感謝しかない。


d0000101_22104408.jpg

d0000101_22105328.jpg

あっという間に時間が過ぎていったけれど、また一つ貴重な想い出が刻まれる釣行となった。

次回も心に残る釣り旅を。


Tackle
Rod:エキスパートカスタムEXC510ULX
Reel:カーディナル3BP
Line:スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター5lbs.
Lure:YM-2 50XH、YM-1 50S、YM-1 50H、YM-1 50Hv2



by pioneerfield | 2018-07-07 23:07 | travel sketch | Trackback | Comments(10)